わかってはいるけどできないんです…の言い訳

幸せセルフ・コントロールの極意を身につけて一生豊かに暮らす

毎日が夏休み♪をめざす
夢をかなえるコーチ☆高橋ひろみです



連休ですがお天気が崩れてしまいましたね
雨がひどくてもコロナでも観光地には人がたくさんいます

連休中は溜まっている本を読もう!
と思っていたのに
なんだか突然パソコンのディスクを整理し始めてしまいました
試験前に限って
部屋の掃除をしたくなるのと同じなのか

それにしても
要らないアプリが山ほど入っていました(^_^;)
使ったことのない標準装備?のゲームアプリ
もう使うことのないいくつかのプリンターのドライバ
長いこと使っていないアプリも

すっかり断捨離しました♡

さて、本日のテーマはこれ
【わかっているけど、できないんです】

このセリフよく聞きますよね

というか
数年前までの私も言っていました

その時の私の頭の中は
やらなくちゃいけないのに
なぜできないんだ
がんばらなくちゃ
できない私ってダメな人間だ
怠け者なんだ
などと焦りと罪悪感がぐるぐるうずまいていました

しかし、違うのです!

何が違うのかというと
・ できないのはダメ
・ やらないのは怠け者
という思い込みですね

できないからダメで怠け者なのではなくて
そこには
やらない理由があるのです

理由は
人によって
状況によって
いろいろあります

よく言われるのは
自分のゴールに決めたことが
どうしても手に入れたいものではないから

どうしても手に入れたいものであれば
早くやりたくてやりたくて
ウズウズしてしまうはず
という理由

どうしても手に入れたいゴールに輝く自分の未来があって
その自分の未来に確信があれば
がんばらなくても
どんどん作業が進んでしまうはず♪

でもそれだけじゃありません

やってみてもできないかもしれない
だったらその残念な結果を先延ばしにしよう
という気持ちがあることもあります

自分ができる人間だと信じていないのですね

怠け者の自分というイメージを持っているので
そのイメージを確かめるために
行動を起こさないでいて
(ああ、私はやっぱり怠け者だ。)
と確認していることもあります

もちろんそれは無意識の中にあるので
自分でも気づいていません
だから厄介なんですよね

それだけではありません
100通り、1000通り
数え切れないくらいの理由があるでしょう

人の行動には必ず意味があります
やらないという行動にも
その人のその時の目的を果たしています

言い訳している暇があったら
その意味を考えてみるといいですね

自分の思考のクセがよくわかってきます
輝く未来を創ることができない、とか
自分の未来を信じられない、とか
やるべきことに縛られている、とか
周囲の目を気にしている、とか
変わりたいけど変わるのが怖い、とか……

その無意識の中にあった意味を見つけてみると
きっと違った道が見つかります
どんどん前に進んでいくことができるのです(≧∇≦)b

**************
思考をリセットする!
LINE公式アカウントはこちらから
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/z4Rgjrj

**************
「リセット心理学」コーチ養成講座
プレセミナー
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

嫌だと思っていたけど、実はいいことだった!?

ルールは守って当たり前…という思い込みを変える

〇〇のせいでうまくいかない、ではない

信頼を得る…どうしたらいいの?

解決! 苦手なタイプのクライアントとうまくやる方法

思考を見つめ直すワーク