思考を見つめ直すワーク

幸せセルフ・コントロールの極意を身につけて、欲しいモノを手に入れる!

毎日が夏休み♪をめざす
「リセット心理学」コーチ☆高橋ひろみです


今日は1日パソコンでお仕事だったので
息抜き?にネット配信の映画を観ました

『ウォント・バック・ダウン ママたちの学校戦争』
ええ
タイトルはいまいちです
(しかもウォントwantではなくウォウントwon’tでしょうね)

でも、いい映画でした
ストーリーはありがちな話ですが
学校のシステムを変えようという
母親と教師の奮闘の物語です

誰ひとり置いてきぼりにしない
子どもたちみんなが
自信を持てる
希望を持てる教育を!
って
私の人生のテーマと同じじゃないですか!

もう一度言います
いい映画でした
観てよかった(⌒▽⌒)

【思考リセットワーク その1】

専門学校の心理学クラスや
社会人のセミナーで最近やっているワークがあります
学生や受講生も
けっこう楽しんでいます♪

思考をリセットするためのワークなのですが
名付けて
「現実確認ワーク」です

普段私たちが
あまり深くは考えずに
現実に起こったことだと考えていることを
〈単なる事実〉

〈自分の価値判断をした事実〉
に分けるというもの

たとえば
クライアントが
こんな話をしたとします

今年の4月に入社した社員
上司に報告書を提出したら
ため息をついた
上司は私が仕事ができないので
呆れている
だから
上司からは直接仕事を受けたくない

ここで
自分の意思が入らない単なる事実と
自分で価値判断をした思い込み事実を
分けてみましょう







何も自分の意思が入らない単なる事実は?
● 自分は4月に入社した
● 上司に報告書を提出した
● 上司がため息をついた

自分の価値判断をした思い込みの事実は?
● 私は仕事ができない
● 上司は私に呆れている

ということになります

上司がため息をついたのは
ただ疲れていただけかも
あなたに呆れているからではないかもしれません
そこはわかりませんよね

仕事ができないというのも
まだ当たり前の話
もしかしたら
昨年の新入社員よりも
ずっとデキる人かも

勝手に決めつけてしまうと
悩まなくていいことで悩むことになります

あきらめなくてもいいのに
勝手に夢をあきらめることにもなりかねない

職場で2回くらい目が合っただけで
(あの人には、いつもにらまれる~)
と思い込むこともありますしね

〈事実〉には2種類ある

そこをしっかり分けて考えると
違った見方、考え方が
できるようになります

一人相撲にならないように!
勝手に思い悩まないように!

**************
思考をリセットする!
LINE公式アカウントはこちらから
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/z4Rgjrj

**************
「リセット心理学」コーチ養成講座
プレセミナー
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

解決! 苦手なタイプのクライアントとうまくやる方法

ルールは守って当たり前…という思い込みを変える

がんばることに価値がある!という思い込みを変える

信頼を得る…どうしたらいいの?

わかってはいるけどできないんです…の言い訳

嫌だと思っていたけど、実はいいことだった!?