嫌だと思っていたけど、実はいいことだった!?

幸せセルフ・コントロールの極意を身につけて、一生豊かに暮らす!

毎日が夏休み♪をめざす
「リセット心理学」コーチ☆高橋ひろみです



昨日は1日パソコン作業でした
LP(ランディングページ)のヘッダー画像を作りました

LPの制作を知り合いに依頼する予定ですが

こういう作業が大好きすぎて
つい自分でやりたくなってしまうんですよねえ

でも、これが最後かな

ああでもないこうでもないと
1日かけてしまった

その時間があれば
もっと自分本来の仕事ができたはず^^;

でも楽しかった♪

 

さて、本日のテーマはこれ
【嫌だと思っていたけど、意外といいんじゃない?】

通勤に1時間かかるって
マジ、最悪

誕生日にマグカップをもらったけど
いくつもあるし要らないんだよね

この蒸し暑さ
日本の夏って大嫌い

誰にでも何かしら嫌なこと
ありますよね

そこで出番です

思考リセットワーク その2の
〈価値変換ワーク〉
嫌なことから
それ意外といいんじゃないに

価値を180度変えてみましょう

思考リセットワーク その1 〈現実確認ワーク〉
ブログはこちら→「思考を見つめ直すワーク その1」

通勤に1時間かかっていた頃は
時間が無駄だ
仕方ないから有意義に過ごさなきゃ
と考えて
英単語を覚えようとしたり
本を読んだりしていました

引っ越しをして
職場まで車で10分になると
最初は喜んだものの
あの頃の
無駄に思える1時間が懐かしくなりました
いろんなことができたんですよね
10分ではゆっくり音楽を聴く余裕もない

考え事をまとめたり
急にアイディアを思いついたり
そんなチャンスが無くなってしまったんだなあ
あの1時間は貴重だった

としみじみ感じました

見方を変えると価値が変わる

マグカップは1つあれば十分
もらうと迷惑
ぐらいに思っている

そこで見方を変えてみる

カップは1つでいいけど
2つになったから
古い方にはハーブを植えよう
見た目もかわいいし
ハーブは使えるし

日本の蒸し暑さも
そのお陰で
夏野菜が美味しく育ちます
さらに
スイカやそうめんが
より美味しく感じられます

さらには
新型コロナウイルスのせいで
世界中が混乱していますが
悲観してばかりでも
文句を言ってばかりでも
いいことはひとつも起こりません

自粛期間があったから
新しいことに挑戦できた
ゆっくり考える時間ができた
家族やその他の人との
人間関係を改めて考えることができた

と前向きに捉えれば
悪いことばかりではないはず
チャンスに気づいた人もいるはず

などなど
見方を変える
つまり、見ているフレームを変える
リフレーミングをしましょう

このワークというか
トレーニングを続けていると
文句を言うことが少なくなります
嫌なことがなくなります
物事の良い面が見えてきます

ピンチがチャンスに変わります!

そして
毎日を楽しく過ごせるようになります♪

**************
思考をリセットするためのヒントを
ほぼ毎日更新!
LINE公式アカウントはこちらから
↓ ↓ ↓
友だち追加

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がんばることに価値がある!という思い込みを変える

信頼を得る…どうしたらいいの?

ルールは守って当たり前…という思い込みを変える

私には強みなんて無い、という思い込みを変える

解決! 苦手なタイプのクライアントとうまくやる方法

わかってはいるけどできないんです…の言い訳